結び豆腐 小料理のどか屋 人情帖3: 3 (二見時代小説文庫) 倉阪 鬼一郎

ISBN:

Published: July 26th 2011

Kindle Edition

296 pages


Description

結び豆腐 小料理のどか屋 人情帖3: 3 (二見時代小説文庫)  by  倉阪 鬼一郎

結び豆腐 小料理のどか屋 人情帖3: 3 (二見時代小説文庫) by 倉阪 鬼一郎
July 26th 2011 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, talking book, mp3, RTF | 296 pages | ISBN: | 10.52 Mb

刀を包丁に持ち替えた元武家の料理人時吉の「のどか屋」に天下一品の豆腐を卸している相模屋の主が病に倒れた。このままでは裏長屋の小さな豆腐屋の絶品な味がとだえてしまう。時吉と常連客たち、長屋の住人が起死回生の策で立ち上がった(表題作の『結び豆腐』)。他に『思い出の一皿』『蛍火の道』『「う」はうまいものの「う」』を収録。時吉の小料理が人々の心をほっこり温める。



Enter answer





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "結び豆腐 小料理のどか屋 人情帖3: 3 (二見時代小説文庫)":


bmwnaslub.pl

©2011-2015 | DMCA | Contact us